【手付金】未完成物件と完成物件

物件を購入するときには手付金を支払うのが一般的。ですが、物件と言っても完成しているもの・これから工事を始める未完成のものなど様々ですよね。
手付金は物件の完成・未完成によっても大きく変化するのでチェックが必要!
それぞれの手付金の相場も合わせて知っていきましょう。


skitterphoto-223-default

手付金・完成物件と未完成物件の違い

それぞれの手付金の相場

完成物件

完成物件の手付金の相場は一般的に物件価格の10~20%。またはキリが良いということで100万円という場合もあります。
物件の価格次第で10~20%になるか、100万円になるかが決まることが多いでしょう。

未完成物件

未完成物件の場合、手付金は5%以下が一般的です。未完成物件の場合は手付金が完成物件よりも少ないため、物件が完成する前に中間金支払うこともあります。

未完成物件・完成物件 手付金保全の違い

手付金の保全とは

不動産会社など物件の売り手側が、契約締結から物件引き渡しの間に倒産などをした場合に金融機関などの第三者が手付金を保障してくれる制度のことです。

保全の種類

①保証委託契約

宅建業者が請けた手付金などの責務について、宅建業者が銀行や金融機関・国土交通大臣が指定した手付金等保証機関に対して一定の保証料金を支払うことで手付金の返済義務を連帯してもらう契約。

②保証保険契約

保証委託契約と同じように宅建業者が保険会社に一定額の保険料を支払うことで、手付金の返済義務を補てんしてもらう契約。

③手付金等寄託契約および質権設定契約

売主である宅建業者・国土交通大臣が指定する保管機関・不動産購入希望者である買主の三者で結ばれる契約。
買主は手付金を指定された保管機関へ支払う。保管機関は売主から買主に物件が引き渡されたことを確認した時点で、売主に手付金を支払うシステムです。

未完成物件と完成物件で利用できる保全方法は異なる

上記三種類の保全方法のうち、物件が未完成である場合は「手付金等寄託契約および質権設定契約」を選ぶことはできません。そのほかの二種類の保全方法は利用することが可能です。
物件が完成している場合は三種類のうちから保全方法を選ぶことができます。

手付金の種類と利用方法を詳しく知るなら

まとめ

手付金と一言で言っても物件が完成しているか・未完成かによって支払う相場が変わってきます。また利用できる保全方法も異なるのでしっかりチェックするようにしましょう。
不動産業者の話を聞きながら言いなりにならないためにも、不動産を購入する前には基礎知識を身に付けておくとよいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする