実際にあった手付金の詐欺トラブル

手付金と内金の違いを知って、不動産購入に役立てましょう!
どちらがどのような効力を持っているのか注目です。


pexels-photo-259027

実際にあった手付金の詐欺トラブル

トラブル体験者 ササハラさん(45歳男性・会社員)

分譲マンションの購入を決め支払いなども、すべて済ませることができました。
ところがもうすぐ引越しという時期になって、マンションの運営会社が倒産して工事も滞っているとの噂が……。
しかも不動産屋に進められて契約したときには、すでに倒産は決定していたらしいんです。
不動産屋はなぜそんな物件を契約させたのか。支払ったお金は戻ってくるのか心配で夜も眠れません。

結果

マンションの場合は手付金の保全措置をしなければいけないというきまりがあるため、支払ったお金は全額戻ってくるでしょう。
しかしその不動産屋はもう信頼しないほうが身のためです。その不動産業者は悪徳業者と言っていいでしょう。

まとめ

運営会社の倒産・工事の中止……それを知っているのに契約を進めるは悪徳ですね。
自分でも様々な情報を集めてみるのも対策になりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする