手付金と頭金・諸経費について

不動産購入をするときには手付金・頭金・諸経費など、たくさんのお金がかかるもの。
どれも不動産購入には必要なものって分かるけど、正直違いがよくわからない……と感じる人もいるかもしれませんね。
それでは手付金・頭金・諸経費についてご紹介します!


cashbox-1642989_1280

手付金・頭金・諸経費について知ろう

頭金とは

頭金とは不動産を購入するときにローンを借りないで最初に支払うお金のこと。4000万円の不動産を購入して頭金を500万円入れたら、残りの3500万円はローンで支払うことになります。

手付金とは

不動産を購入するときに支払うお金のことで、契約が締結していることを証明するために支払います。
売買契約が締結してから決済・実際に不動産を譲渡するまでには時間がかかるため、契約を証明するための確かな証明が必要になるのです。
手付金は基本的に返還される性質を持っていますが、契約によっては頭金とされる場合もあります。

諸経費とは

諸経費は不動産購入の価格以外に必要なお金のこと。不動産業者への仲介手数料・司法書士に支払う手数料などが該当します。

まとめ

手付金・頭金・諸経費について簡単にまとめました。不動産は大きな買い物なのでぜひお金の種類についても知っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする