手付金と違約金はどう違うの?

契約を簡単に解除できないようにするための手付金。それでも契約解除をしなければいけないときには、手付金を倍返しにしたり返還放棄すればそれでOK。
しかし不動産購入には手付金のほかに「違約金」というお金があるんです。
契約解除をするには手付解除をすればいいんじゃないの……? そう思っている方は違約金についても知っておいたほうがいいかもしれません。


0I9A350615032140wakaranai_TP_V

手付金と違約金はどう違うのかを知ろう

手付金解除とは

手付金解除は相手側が履行の着手をするまでは、自分で契約解除ができるというもの。
その場合にはもちろんペナルティがあります。
不動産の売り手側が契約解除する場合には、買い手側に手付金を返還してさらに手付金と同額を支払う。
買い手側が契約を解除したいならば手付金の返還を放棄することになります。

違約解除で違約金は発生する

手付解除に対して違約解除は「相手に契約違反があった」「手付解除日の指定よりもあとに契約解除の申し出があった」「相手が履行の着手を始めていた」場合です。
違約金は一般的には手付金と同額程度、または契約により物件の◯◯割り相当と契約時に決められているので確認しましょう。

まとめ

手付金解除と違約解除は契約を解除する点では似ていますが、内容は異なります。その違いをしっかり知っておくことが不動産購入トラブルを防ぐことにも繋がるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする