不動産売買 手付金の相場は?

PAK86_kakuteishinkokusuru20140312_TP_V

不動産売買の際、ほとんどの場合に発生してくるのが「手付金」。
予定通りに支払い終えれば無事に戻ってくるわけなので、支払うこと自体は気の進まないことではないかと思うのですが、気になるのがその相場ですね。手付金というのは契約が成立した際に必要になるので、その時点でそれだけのお金がなければいけません。それに、売り手と買い手それぞれの立場になって考えた場合、売り手としてはより多くの手付金を受け取る方が契約解除の恐れも低く安心だし、逆に買い手としてはより少なく済んだ方が自分の都合上いいですよね。
非常に重要な手付金の相場、さっそく見ていきましょう。

手付金の相場

手付金の相場としては、法律で決まっているわけではありませんが、おおよそ物件総額の5〜10%だと言われています。
パーセンテージで見ると少ないようにも思えますが、これが例えば総額5000万円の物件の売買で手付金5%を要求された場合、その額は250万円にもなり、なかなか端金とは言えない額になってしまいますね。

手付金の上限

相場は上で述べた通りですが、それでは手付金の上限は一体どれくらいなのでしょうか。
実は手付金の上限は物件総額の20%と決められています。20%というと、上のように総額5000万円の物件と仮定して計算すると1000万円になります。そうなると少し高額すぎる気もしてしまいますが、そもそも手付金というもの自体が契約を簡単に破棄できないようにするためのものですので、妥当といえば妥当とも言えるかもしれません。
もちろん、上限に関してはちゃんと定めらえているわけですから、20%を超えて支払ってのちに契約を破棄したとしても、超えた分の手付金は返還されます。

まとめ

相場と上限は理解できましたでしょうか。ある程度の相場を知って、無理なく不自然でない契約を結ぶことが不動産売買においてはとても大切ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする