手付金を受け取る流れ・売主側

不動産購入をするときによく聞く「手付金」という言葉。
不動産を購入する側だけが気にかけがちですが、不動産を販売する側にとってもいつ受け取れるのか・どうすれば受け取れるのかが重要になってきますよね。
今回は不動産を売る側の立場に立って手付金を受け取るまでの流れを知ってみましょう。


a0002_006852

売り手側が手付金を受け取るまで

まずは不動産売却の流れを知ろう

  1. まずは自分が売りたい物件の相場を調べる
    不動産のホームページなどで自分が売りたい物件に似ている条件のものを探してみましょう。
  2. 不動産に見積もり査定を依頼する
    このとき一社だけにこだわらず複数の会社に依頼しましょう。一括サイトなどを利用すると便利です。
  3. 不動産会社の訪問調査を受ける
    見積もりを出してもらったらいくつか良い条件の不動産と連絡をとり、実際に物件を見てもらい本格的な査定を受けましょう。
    図面などからではわからない生活するうえでのメリットを伝えると査定額がアップする可能性大。
  4. 不動産会社と媒介契約を結ぶ
    不動産を媒介として物件を売り出すために、まずは契約を結びます。売り出し価格を相談して決定し広告を打ってもらいます。
  5. 不動産会社が売り出しPRをスタート
    媒介契約にのっとって不動産が活動を開始。販売状況の報告を定期的に受けることができます。
  6. 買主と不動産売買契約を結ぶ
    買い手が決定したら不動産会社から注意事項などを聞いたうえで、売買契約を結びます。
  7. 買主に不動産を引き渡す
    売却代金を受け取り買主に不動産を引きわします。
  8. 不動産売買完了

手付金を受け取るタイミング

ズバリ手付金を不動産を売る側が受け取るのは⑦の「買主と不動産契約を結ぶ」とき。不動産業者を通して受け取ることになります。
また手付金の額などもあらかじめ不動産業者としっかりと決めておき、受け取った時にも取り決めた金額と相違無いかを確認しましょう。

注意点

手付金は「契約を結んだことを証明するお金」であり、契約にもよりますが不動産の残り代金をすべて支払い終わったら返還することになるお金です。
そのため手付金を使ってしまうとのちのち返還できない可能性が大きくなります。
もちろん手付金を返還できればよいのですが、不安な場合は手を付けず保管しておくほうがよいでしょう。

手付金に関する参考サイトはこちら

まとめ

不動産売買をする際に買い手側だけでなく売り手も注意しなければいけないことはたくさんあります。
手付金に関するトラブルはすくなくないのでしっかりと確認するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする