手付金と内金の違い

不動産を購入する前に支払うのに手付金と内金では違いがあるって本当?
そんな疑問を持っている方もいるかもしれませんね。
答えは手付金と内金では大きな違いがあります。
それでは手付金・内金の違いを知ってみましょう!
それを知ればあなたの内金も手付金もしっかり守られます。


a0002_003051

手付金と内金の違いを知ろう

手付金とは

手付金は不動産契約をした際に、契約を破棄する場合に備えて支払うお金です。
不動産契約をして、不動産の代金をすべて支払った場合には手付金は返還されることになっています。
そのため手付金を支払っても不動産の代金の一部を支払ったことにはなりません。

内金とは

内金とは不動産物件などの一部として前払いするお金のこと。
手付金のように契約を破棄する際の効果などはありませんが、最近の契約では内金・て手付金を区別していない場合もあります。
また手付金は不動産物件の代金10パーセントなのに比べて、内金は不動産物件の代金20~50パーセントほどを支払うのが一般的です。

手付金・内金を支払うタイミング

手付金を支払うタイミング

手付金は契約が無事成立したことを証明するお金なので、契約締結後に支払うことになります。
その前に支払うことを要求された場合、詐欺に合ってしまう可能性が高いので要注意。
不動産業者と契約をして捺印後に現金・または銀行振り込みをする流れになるでしょう。

内金を支払うタイミング

内金を支払うタイミングはあまり決まっていません。
しかし一般的には不動産物件と所有権移転登記申請と引き換えにして、内金が支払われることが多いようです。
手付金は返還される性質のお金ですが、内金の場合は不動産代金の一部なので支払い時期を慎重に見極めなければいけません。

まとめ

内金と手付金はとても似ているお金ですが、実はまったく違う性質を持っています。
手付金は契約が成立したことを証明するお金であり、不動産の代金をすべて支払い終えれば自分のもとに返還されます。
一方内金は不動産代金の一部なので返還されることはありません。
また支払う時期も違い、それを間違えてしまうと不動産が手に入らないばかりか、支払ったお金も返ってこなくなる可能性もあります。
しっかりと内金・手付金のことを知って不動産購入をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする