手付金と履行の着手

不動産を購入する際、万一売主・買主のどちらかが契約破棄したいということになった場合に活躍してくれるのが手付金。
買主が契約を破棄したい場合は手付金の返還を放棄する。
売主が契約を破棄したければ手付金を返還して、さらに同じ額を支払う。
これで不動産契約の破棄がトラブルなく完了するので手付金はありがたいシステムです。
ですがこの手付金でトラブルになることも実は多々あること。
それは契約の破棄を申し出ても「履行の着手」が始まっていると言われ、拒否されてしまったときなんです。
では「履行の着手」とは一体どんなことを指すのでしょうか?


a0002_006864

履行の着手について知っていこう

履行の着手の定義
「客観的に外部から認識しうるような形で履行行為の一部をなし、または履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をした場合」
法律ではこのように定義されている履行の着手。
これだけでは想像がつかないと思うので、具体的に不動産を購入する側・売り手側の履行の着手をあげてみましょう。

不動産買主(手付金を支払った側)の履行の着手

・引越し業者などに依頼・契約など、購入した物件に引っ越すための準備を始めていた
・新居を使うための家具を購入していた
・内金などを支払い終えているとき
・不動産を引き渡す期限が過ぎたあと

不動産売主(手付金を受け取った側)の履行の着手

・買主側の意向で物件の引き渡しより先に所有権を渡したとき
・買主側の希望があり文筆登記をしたとき
・物件の一部を引き渡しているとき
・買主側の意向に沿って建築材を発注したり工事を開始しているとき

手付金解除の期限について

どこからどこまでが履行の着手というのがハッキリ定められていないので、困惑してしまうかもしれません。
ですが最近の不動産売買では「○月○日までは手付金の解除が可能」などわかりやすく書かれた契約書を使うことが多いです。
もし契約書に手付金解除について書かれていない場合は、不動産業者に詳しく話を聞いておくとトラブルを防げるでしょう。

まとめ

不動産購入をするときに必ずと言っていいほど支払う手付金。契約を解除するときには便利ですが、解除できる期限まで把握しておかないとトラブルのもとになる可能性も。
楽しく不動産売買・手付金のやりとりをするため契約内容を理解するようにしましょう。
そうすれば手付金はあなたの新しい毎日をサポートしてくれる強い味方になりますよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする