手付金を狙う悪徳業者の手口とは

不動産購入をするときに支払う可能性が高い手付金。この手付金は不動産の価格からしたらごくわずかですが、それでも数十万・数百万であることが多いですよね。
実はこの手付金を狙って近づいてくる悪徳不動産業者もいるんです……。
悪徳不動産業者から手付金を守るために、手口を知っておきましょう。


pexels-photo-164474

手付金を狙っている悪徳業者はこう動く!

手口① その場で契約を結ばせようとする

「この物件は人気なのですぐに契約しないとダメです」「あなた以外にも契約を考えている人がいるんです」など契約をとにかく急がせる不動産屋は要注意。
急いで契約させて、あとから契約破棄をすれば手付金を放棄する流れに持っていかれます。

手口② 偽物の広告を出す

「ここの物件いいじゃん!」と思い不動産業者に連絡すると、さっそく呼び出しされます。ですが、そこで言われるのは「先ほど売れてしまいまして……」という言葉。
偽の優良物件を用意しておいて客を呼び寄せ、他の物件の仲介料・手数料などを騙し取ろうとする悪徳業者もいます。

まとめ

物件を見に行ったり色々な不動産業者を回るのはとても良いことです。しかし口車に乗せられることなく、しっかりと検討して契約を結びましょう。
手付金や仲介金などを狙ってる悪徳業者がいることも忘れずに……!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする